Official Site for 電子コンパス キャリブレーション

  • HOME
  • English

電子コンパス内蔵の携帯機器(携帯電話など)を使っている時に、磁気の影響(コンパスへの干渉)から電子コンパスの調整が必要になったことはありませんか?

なぜ(8の字)に動かすと電子コンパスが調整できるのか不思議ではありませんか?

パソコンから iPhone、iPad、iPodTouchから
Flash(解説付き実践編) MPEG4版(解説付き)
YouTube MPEG4(実践編)
このサイトでは、携帯機器に内蔵されたS-cube電子コンパスの調整方法をムービーでわかりやすく紹介します。
S-cubeの電子コンパスは、ユーザーの自然な動作を利用して、常時自動調整を行っていますので、通常は特別な調整動作が不要です。

しかし周辺の磁気環境が急に変化した時などに、電子コンパスの調整動作を求められる場合があります。
例えば、以下のような場所や物の近くは要注意です。

  • ビルの中、家電製品のそば、金属製家具のそば
  • 電車のプラットホームや電車の中
  • 磁石を使ったバッグやアクセサリーのそば など

このように地磁気が乱れている場所や、携帯機器が着磁するような場合は、電子コンパスが違った方位を示したり、機能しなくなったりすることもあります。携帯機器によっては、再調整を促すメッセージが出たり、調整レベルを色で示す警告が出たりします。
そんな時でも、電子コンパスの正しい調整方法を知っていれば、簡単に再調整ができます。

  • 電子コンパスは、digital compassデジタル・コンパス)やe-Compassイー・コンパス)と呼ばれることがあります。
  • S-cube電子コンパスとは、旭化成エレクトロニクス社製電子コンパスの総称です。
    高度な特許技術によって支えられた製品でAK8973, AK8974及びAK8976などのシリーズがあります。
  • 本コンテンツサイトの内容は、他社製品には適用されません。